アメリカ留学、カナダ留学をお考えの方へ

EducationalCommunity~格安留学~

未分類

オーストラリア語学留学はなぜ人気があるのか?

投稿日:


今回は、オーストラリア語学留学のメリットについての記事です。
オーストラリアで語学留学を希望してる人は増え続けています。
オーストラリア語学留学は男女問わず人気があるのです。
そこで、少しでもオーストラリア語学留学を考えている方に、準備にお役にたてるような情報をお届けできるようにお伝えします。

オーストラリア留学の基本情報についてです。

[豊かな大自然と近代的な街並みと都市が融合して、安全で住みやすいです。]

治安もとってもいいので、留学初心者にもおススメです。リピーターも多いのも特徴です。
親日家も多く、フレンドリーで暖かく、日本人は歓迎されやすいのも魅力のひとつです。
移民が多く、多彩な文化が混在するオーストラリアは、初めての海外渡航者の方も安心して渡航でき、何度も訪れたくなる魅力がある場所です。
なので男性だけではなく、女性にも大人気なのがオーストラリア語学留学の特徴でしょう。
春休み、夏休みを利用しての短期留学から、ワーキングホリデーまで、受け入れが幅広いのが魅力です。
短期留学、長期留学ともに人気があります。中でもワーキングホリデーは人気があります。
ここからは詳しく、オーストラリア語学留学のメリットと、なぜ人気があるのか。
人気の理由などを書いていきますね。

オーストラリア語学留学のメリット

[ワーキングホリデー制度についてのメリットです。]

働きながら旅行ができるビザです。語学学校には、4ヶ月まで行くことができます。
18歳~30歳までの年齢制限のあるビザです。学校に通える期間は4ヶ月のみです。
就労制限はありません。ワーキングホリデービザは、若い人に与えられた特権で、自由度の高いビザです。
1年間旅をしても良いし、アルバイトをしても学校に通っても良い、便利なビザです。
ただし、学校に通えるのは4ヶ月までと決まっているので、注意が必要です。

生活に慣れてから仕事はスタートするのがいいかもしれませんね。
人気のバイトは、日本食レストランやカフェなどが人気です。
現地でのアルバイトは同一雇用主であれば、最長6ヶ月まで働くことができます。
時給が高いのもメリットです。日本より最低賃金が高いので安心です。
現地のルートで時給は変わりますが、おおよそ(約1500円)ぐらいです。
注意するのは、無計画に過ごすのは、無駄に時間とお金を使ってしまうでしょう。

毎年ワーキングホリデーで30万人近くの外国人がオーストラリアにに渡豪しています。
なので様々な国の人と交流ができて、自分を成長させてくれるでしょう。
オーストラリアは、日本が初めてワーキングホリデー協定を結んだ国です。
通常1年間しか滞在できないワーホリですが、通称セカンドワーキングホリデーとゆう2年目の制度があります。
これは政府から認められた所で、決められた期間労働することにより、次のビザとして申請することができる仕組みです。セカンドワーホリは、2年間滞在可能です。

ワーキングホリデービザの他に、観光ビザ、学生ビザがあります。

ビザの種類

観光ビザ
「3ヶ月までの短期留学なら、観光ビザがおススメです。アルバイトは出来ません。」
観光ビザの場合
「ポイントは、滞在期間は3ヶ月まで。アルバイトが出来ないとゆことです。滞在期間・就学期間を3ヶ月で考えている方は学生ビザを取得するよりも観光ビザの方がお勧めです。」

学生ビザ
「学校を申し込んだ期間だけ滞在できる。就学期間は無制限なので、何年でも好きなだけ学ぶことができる。学生は学校に先に申し込みを済ませ、学校から発行される入学許可書をともに申請します。」
学生ビザの場合
「ポイントは、就学期間に制限がない。学生ビザでもアルバイトが出来ることです。オーストラリアの学生ビザはアルバイトも可能なため、生活費を稼ぎながら生活できるという大きなメリットがあります。」

[ここからは、オーストラリアならではのメリットと、なぜ人気があるのかです。]

オーストラリアは非常に安全な国として人気があります。
銃規制が欧米の国と比較しても厳しいです。
自ら危険な場所に行かない限り安全だとゆうことです。
助け合いの精神も強いので、知らない人が道で困っていても声を気軽にかけてくれて親切な人が多いです。

オーストラリアは一年中比較的温暖で暮らしやすいのが魅力です。
中でもメルボルンは【世界で最も住みやすい街】3年連続NO1で、その他の都市も上位にランキングしています。4都市が世界のトップ10入り。世界の中でも住みやすさは抜群です。
日本との時差が、1~2時間程度で、日本にいる家族とも連絡が取りやすいので安心です。
こう言ったメリットが、人気の理由ではないでしょうか。

教育制度・教育設備の充実

オーストラリアは【教育大国】で、基礎教育分野での国際競争NO1という土壌があります。
語学学校も充実しており、すぐになじめてフレンドリーなので、英語の上達も早いでしょう。
世界中の人が語学留学に来ているので、異文化交流もできて、日本では味わえない体験ができます。
コミュニケーションもうまく取れば、他の語学も学べて、世界中の友達ができるでしょう。
また学校では日本人も数多くいるので、周りの友達がサポートしてくれます。
ネイティブなオーストラリアやイギリスの英語を始め、色々な英語を学べるのも特徴ではないでしょうか。

教育水準だけではなく、ビジネスのレベルもオーストラリアは世界でも高いです。
生活標準も高く生活するには不自由なく暮らせるでしょう。
留学生を守る法律もありますので、安心して留学ライフをエンジョイして下さい。
こう言ったことが、人気の理由とメリットだと考えられます。

広大で豊かな自然とリゾート感覚が味わえる

【オーストラリアには数多くの国立公園が存在し、ユネスコ世界自然遺産に12地域、複合遺産として4地域が登録されています。】

世界中のダイバー憧れである美しいサンゴ礁の、グレートバリアリーフや、世界最大の砂の島フレーザーアイランド、世界最大の一枚岩エアーズロックなど、オーストラリアには、日本では味わえない大自然と遭遇することができます。
シドニーの郊外にある、ボンダイ・ビーチやマリンビーチといった美しいビーチを楽しむこともできます。
メルボルンから移動すれば、グレートオーシャンロード、ブリスベンから北にあるサンシャインコースト、南に行けばゴールドコーストが楽しめます。
このように観光と自然、リゾート感覚を全部楽しめるのが、オーストラリアが人気の理由でしょう。

「語学を学びながら、旅行を楽しめるメリットがあります。ワーキングホリデーと、学生ビザで働けて時給もいい。学びながら語学留学、文化、観光も楽しめる3つの利点とメリットがあると言えるでしょう。」

オーストラリア語学留学のデメリット

逆にデメリットも紹介します。
オーストラリアの夏は暑い。
季節はほぼ夏で、服装も軽装で過ごしやすいですが、やはり夏は暑いです。
日本に比べて湿気は少ないものの、クリーンズランド州などでは40度になることもあります。また、南半球ですので、季節は真逆です。
日本が冬の時は夏で、夏の時は冬なので、気候に慣れるまで体調も崩すことがあります。

アジア人が多く西洋に来た気がしない

これは語学学校のことですが、日本人や中国人といったアジア人が人口を占めているのが現状です。日本人が多いと仲間意識が生まれますが、日本人同士で固まってしまっている人が多いようです。

オーストラリアは物価が高い

オーストラリアは年々物価が急上昇しています。
特に食品に関しては、価格がかなり高いので注意が必要です。
例に挙げると、500mlのコーラ一本400円でコンビニで販売されています。
ちょっとしたものを購入する場合にも、たちまちお金が無くなってしまいます。

また、スーパーにもシーフードや豚肉などは見かけません。牛肉が多いです。
ステーキやフレンチフライなどといった、西洋的な食事が好きではないと、食事は合わないかもしれないので注意して下さい。
ファストフードなどは基本的に多いです。
レストランも日本より何倍かするので気を付けましょう。
中には安いスーパーやレストランも数多くあるので、探してみるといいでしょう。
大型フードコートや、大型スーパーがおススメでしょう。

日本に比べてサービスは充実していない

東京と比較すれば人口も少ないので、交通網などはさほど充実していませんし、サービス業も日本ほど良くないです。田舎の方だと5時に閉まってしまう所や、日曜日に営業していないお店も多いので気を付けましょう。
バスも週末には5時に無くなってしまう所もあるので、注意が必要です。

オーストラリアの魅力は、一言では言い表せない素晴らしい国なのです。
それぞれの都市にも、特徴や魅力は違いますし、まさにオーストラリアは国として魅力があるのだと感じます。
広大な大自然と、文化・歴史すべてにおいて楽しめて学べます。
観光や旅行、マリンスポーツなども楽しめます。
【国自体が広いので、語学留学を検討する際に、どこの都市に留学に行くのか、自分に合った場所を考えて決めてみるといいでしょう】
世界遺産や大自然などと、コアラやカンガルーなどの可愛い自然動物にも触れ合えますよ。
短期、長期留学、ワーキングホリデーで、オーストラリアを満喫して見ませんか。

語学留学をお考えの方はお気軽にご相談して下さい。

-未分類

Copyright© EducationalCommunity~格安留学~ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.